Vancouver

バンクーバー

カナダの有名な都市である「バンクーバー」は、年間平均気温が10.4℃でカナダでも温暖な地域であり、海と山、そして森と、自然を身近に感じられる環境は、「世界で最も住みやすい都市」と呼ばれています。

バンクーバーのベストシーズンは夏で、カラッと乾燥していて気温も適温のため、外を歩くだけで気持ちがいい季節です。イベントも多く開催され、多民族国家であるカナダならではの、台湾フェスティバル、イタリアンフェスティバルなど各民族毎のお祭りや、ゲイパレード、国対抗の花火大会など、一番楽しめる季節となっております。

交通手段

無料写真素材|乗り物・交通|電車・列車|路面電車|風景カナダ画像素材なら!無料・フリー写真素材のフリーフォト

交通手段は主に4つあります。

①バス

バスのフロント部分に専用のラックが設置してあるバスであれば無料で自転車を乗せることも可能です。

乗り方:Compass Card/クレジットカードをドアの近くにあるカードリーダーにカードを “タップ” します。

※“Compass Card”とは、電子カードの一種で、日本の Suica、PASMO、ICOCA と同種のものです。

降り方:目的地が近づいてきたら車内に張り巡らされたロープを引くか、「止まれボタン」を押して降りるサインを出します。

②電車 SkyTrain

全線無人運転となっていて、ダウンタウンの Waterfront 駅を起点として「Expo Line」「Millennium Line」、そして空港までを結ぶ「Canada Line」の3つのライン(路線)が運行されています。

乗車券を購入する場合

Compass Card を持っていない場合、各駅に設置されている券売機で1回限りの使い捨て乗車券(Compass Ticket)を購入することができます。券売機では 現金、クレジットカード、デビッドカードが利用可能です。

③船 SeaBus 

バンクーバーのダウンタウン「Waterfront 駅」と、ノース・バンクーバー「Lonsdale Quay 駅」を 12分で結ぶ最大400名が搭乗可能な乗客専用定期フェリーです。

毎朝6時過ぎから夜中の1時前まで、ピーク時は 15分間隔、それ以外は 30分間隔で運行しています。日曜・祝日は終日 30分間隔になります。

乗り方:SkyTrain と同様、「Waterfront」と「Lonsdale Quay」各駅で必要に応じて乗車券(Compass Ticket)を購入し、タップしてゲートを通ります。

④タクシー

バンクーバーのタクシーはメーター制で、常にメーター(料金)を確認できるので安心して利用することができます。

料金は、初乗りが $3 ~ $3.5 で 1km 毎に $1.8 ~ $1.9 が課金されていきます。

バンクーバーのタクシーはメーター制で、常にメーター(料金)を確認できるので安心して利用することができます。

料金は、初乗りが $3 ~ $3.5 で 1km 毎に $1.8 ~ $1.9 が課金されていきます。それに加え、メーター料金以外にも10~15%のチップを渡す習慣があるので、結果的に日本よりも高くなりがちではあります。

乗り方:道路で手を上げて合図をする他、空港やホテル、ショッピングモール、駅周辺で客待ちをしているタクシーのところに直接行って乗り込んだり、電話や Webサイトで予約することもできます。

医療制度

カナダには大きく分け、3つの医療機関が存在しています。

ファミリードクター

ファミリードクターとは、家庭ごとの”かかりつけ医”のことを指します。

怪我や風邪をひいた場合、まずはファミリードクターの診察を受け、必要があればそのドクターから紹介状を書いてもらい、専門医に診てもらうという流れです。

ですが、家庭医は実数が少なく,また患者数を制限することが許されているため,新規の患者を受け付けていない場合が少なくありません。

②ウォークインクリニック

ウォークインクリニックとは、誰でも利用することのできる街中の診療所です。

留学生や移民など、ファミリードクターを持たない人はこちらが窓口となります。

予約不要の場合が多く、夜間・休日でも診察が受けられる診療所もありますが、常に混雑しており,オタワ市内の場合,数時間待ちが平均です。

また,ウォークインクリニックでは,レントゲン検査機器,簡易血液検査機器,超音波検査機器など,日本の診療施設では基本的な設備を設置していないところがほとんどです。

ホスピタル

ホスピタルは、日本で言うところの大学病院・総合病院を意味します。

専門医が常駐しており、手術や入院に対応しています。

ただし初診外来は行なっていないため、ファミリードクターまたはクリニックの医師からの紹介状が必要です

カナダと日本の医療制度には、まず「基本的な医療行為が無料である」という大きな違いがあります。

日本のように、警察(110番)と救急&消防(119番)とに電話番号が分かれておらず、事故や火事などを含めカナダは全ての緊急時は「911」に電話をします。

カナダの医療制度はメディケアと呼ばれる国民皆保険制度を採用しており,原則として患者の自己負担が一切なく,全てを税財源で公的に負担しています。ですが、移民の場合取得まで3ヶ月間,また留学生(ワーキングホリデイ含む)等は公的医療保険を取得できない州もあり,その場合,医療費は有料になります。

生活費

時給・収入

カナダでは州ごとに労働基準法が制定されており、現在ブリティッシュコロンビア州のバンクーバーでは最低自給が$10.85となっています。

もちろん職業やスキルなどによって収入は異なりますが、ワーキングホリデーで就きやすい仕事の自給はやはり最低自給が多いようです。

レストランなどで働けば、チップは別でもらえます。

家賃

バンクーバーはとても住みやすい街なので、毎年たくさんの人達が移民しています。

そのためか年々、家賃は高騰しているようです。

語学学校

バンクーバーの語学学校で人気なのが「VGC Language School 」です。

この学校は、基礎英語プログラム、GlobalEnglishは8レベルに分かれたプログラムで、日常会話だけでなく、アカデミックアプローチをプラスした、基礎英語力の向上からビジネスシーンや進学目的等の方まで、しっかり学習したい方に適したプログラムを提供しています。

さらに、講師陣の行き届いた個別指導ときめ細かな日本人カウンセラーのサポートにより一人ひとりの英語力アップ全面的にサポートしてくれます。

他にも、「INLINGUA VANCOUVER」「ILSC」などの語学学校が人気な学校となっています。

お問い合わせにはこちらから

注意

海外旅行を含め、留学や就労でトロントに暮らす場合は必ず保険に加入するようにしましょう。

海外で万が一のことがあり手術や入院が必要になった際、外国人にかかる医療費は非常に高額になるからです。

レジャーと観光

①スタンレーパーク( Stanley Park)

バンクーバー カナダ スタンレーパーク - Pixabayの無料写真

バンクーバーの北西部に位置する、巨大な公園。街のすぐ近くに位置しているとは思えないほど自然豊かなスタンレーパークは、バンクーバーで最古の公園であり、カナダ国定史跡にも認定されています。またレストラン、カフェ、水族館、動物園、テニスコート等、施設も充実しているので、一日中いても飽きることはないでしょう。

②バンクーバー水族館(Vancouver Aquarium)

バンクーバー水族館は、スタンレーパーク内にあるので、公園と併せての観光や雨の日用の観光スポットとしてもおすすめです。
イルカショーなども毎日のように開催されており、ショーの時間については、公式ホームページでチェックできます。

とても可愛らしい海の生き物たちや、迫力あるサメ、小さな魚など様々な生物たちを見ることが可能。
日本の水族館とはまた違った展示方法で、とても興味深いです。

館内には、コーヒーショップやお土産店も併設されており、かわいいお土産もたくさん販売されています。

③ガスタウン(Gastown)

バンクーバーのダウンタウン北東にあるガスタウンは、バンクーバーの発祥地といわれています。
レンガ造りのレトロな建物が多く立ち並び、カフェ、レストラン、土産店、セレクトショップなどが入っており、観光客にはお土産を買う場所としてもぴったりです。