Budapest

ブダペスト

ハンガリー】ブタペストでおすすめ観光地13選!東ヨーロッパでは最も ...

ハンガリーはヨーロッパのほぼ真ん中に位置し、ハンガリーの首都でもあるブダペストは”東欧のパリ”と呼ばれるほど風情がある街並みで、ブダペスト街全体が世界遺産に登録されています。他のヨーロッパの国と比べて比較的物価が安く、古代ローマ時代から温泉文化が根付いており日本と同じ温泉大国として知られています。ハンガリーの公用語はハンガリー語となっており、人口の9割以上はハンガリー語で会話をすることが多いそうです。しかし、英語を話せる人もいるので観光客が多い場所では英語が通じるようですが、日常生活での買い物やタクシーを利用する際は英語でのコミュニケーションは苦労することもありそうです。

交通手段

ハンガリーでの生活に欠かせないのが公共交通機関です。ハンガリーの公共交通機関には地下鉄・バス・トラム(路面電車)等があります。これらの公共交通機関は全て同じチケットで利用可能ですが、チケットの種類が乗車時間などで変わってきます。

① シングルチケット:350フォリント(約125円)

シングルチケットは一回の乗車時に使用するチケットです。このチケットには区間の制限はなく、60分間有効で料金は一律約125円と言う安さで利用することが可能です。

② トランスファーチケット:530フォリント(約190円)

乗り換えをする必要があるときにこのチケットを使用します。こちらのチケットも区間制限はなく、100分間有効で料金は一律約190円で利用できます。

③ 24時間チケット:1,650フォリント(約590円)

名前の通り24時間有効なチケットです。開始時刻はチケット購入時に決めることができます。

※料金は2020年7月28日時点のレートです。

ではここからはチケットの購入方法を2種類ご案内します。

一つ目はインフォメーションセンターでの購入です。多くの駅、空港などにはインフォメーションセンターが設置されいる場合が多いのでそこで購入することが可能です。また、中心街の駅では発券機の前に案内をしてくれる人が立っている場合もあるので、その方にチケットを購入したいことを伝えると購入を手伝ってくれます。

二つ目は自動券売機での購入です。地下鉄の駅や空港にはインフォメーションセンターが設置されている場合が多いですが、バス停やトラムの駅にはインフォメーションセンターがないことが多いです。また、設置されていたとしても営業時間外で購入できない場合があります。自動券売機は現金またはカードでの支払いが可能です。

ブダペスト ~ バラトンフェニヴェシュ : バラトン湖畔を行く急行列車 ...

次に乗り方についてご紹介します。

ハンガリーでは日本と異なり駅などに改札はありません。その代わりにご自身で刻印機にチケットを通す必要があります。

ここで注意が必要なのは駅などの出口にチケットを確認するスタッフがいるのでチケットをきちんと購入していたとしても刻印機に通していない場合8,000フォリント(約2,865円)罰金として支払う必要があるので要注意です。

医療制度

ハンガリーにも日本と同じように医療保険制度があります。そのため滞在許可証を持っている人であれば外国人でも医療保険制度を利用することが可能です。

ハンガリーでは日本で言う保険証のことをTAJカード言い、公立の病院で治療を受ける際はこのカードを提示するかそのカードの番号を伝える必要があります。その後、無料で治療を受けることができます。ただし、無償なのは治療費だけでリハビリや薬代などは自己負担になります。

活費

ハンガリーの物価は他のヨーロッパの国と比べて比較的安い印象です。ブダペストではドナウ川を目安に

① ブダ側

②ペスト側

に分かれています。

ブダ側の方はペスト側と比べて治安がいいと言われており、日本大使館をあるため日本人はブダ側に住む傾向があるそうです。

また、ペスト側は比較的オフィスや大学が多く、ビジネス街のような雰囲気で家賃はブダ側と比べて安めです。

首都ブダペストでも家賃はシェアハウスなら月20,000〜、一人暮らしでも40,000〜と東京と比べても安いと言えます!

食費は大体月20,000〜30,000円程の留学生が多い印象です。

そのため、家賃と食費合わせて月10万円あれば充実した生活が送れるとう言うことになります。

学校

ハンガリーでは主にハンガリー語を学べる語学学校と英語を学べる語学学校があります。語学学校はコースや場所などの条件によりますが、1ヶ月50,000〜150,000円が相場となってきます。

また、現在ハンガリーでは英語教育が強化されており国立大学・私立大学どちらでも英語で授業が受けることができる学校が増えてきています。

大学の場合日本と比べて学費が安く、日本の国立の大学が年間80〜100万円かかるとするとハンガリーの私立大学の平均は130〜150万程度とも言われています。

レジャーと旅行

冒頭でもご紹介したようにハンガリーはヨーロッパのほぼ中心に位置し、風情のある街並みが特徴的で世界遺産に登録されているほど歴史がある街です。

また、ハンガリーは日本と同じように四季があるため、夏と冬の温度差も大きいようです。

毎年多くの観光客が訪れハンガリー観光を楽しんでいるようです。また、ハンガリーでは歴史ある建物を始め料理や温泉なども楽しむことができます。

①王宮の丘

ハンガリーの世界遺産・美しい首都ブダペスト!「王宮の丘」のお薦め ...

王宮の丘はブダペストのドナウ川にかかる橋と西岸の丘陵地帯にあり、白い石灰岩でできたとんがり帽子の尖塔が特徴的な王宮でハンガリーの外せない観光スポットと言えます。丘の上にあるので、ケーブルカーに乗っていく必要があります!

② ブダペスト中央市場

ブダペスト・中央市場を歩く。|地球の歩き方

こちらも不動の人気観光スポットのひとつです!一階はフードコートと民芸品をメインとするお土産ゾーンで観光客向けの市場です。

フードコートは2種類あり、料理メインと飲み屋メインのお店が分かれています。また、フードコートには家庭的なハンガリー料理がたくさん並んでいます。

③ 温泉

セーチェニ温泉が最高でした~!

ハンガリーは古代ローマ時代から温泉文化が根付いており日本と同じ温泉大国として知られています。

特にブダペスト市街にあるセーチェニ温泉はアクセスが良いこともあり地元の方にはもちろん観光客からも人気です。