Valènciaバレンシア

バレンシア

バレンシアはスペインで3番目に大きな都市であり、スペインで2番目に大きな港です。スペイン南東部に位置し、東は海に面し、広大な平原に囲まれています。常緑樹で気候も快適です。地中海西海岸の宝石として知られています。人口は約80万人です。ヨーロッパでは「サンシャインシティ」として知られています。スペインの南東に位置し、東は海に面し、広大な平原に支えられています。一年中常に緑で、快適な気候です。「地中海の西海岸にある宝石」。美しいビーチ、年間300日間の日差し、多数の史跡、色とりどりの民俗祭は、国内外の無数の観光客を魅了しています。港湾および工業都市であるバレンシアは、バレンシア自治区とバレンシア州の州都です。バレンシアは毎年3月に火祭り(ファジャス)を開催しています。バレンシアは、マドリッド、バルセロナ、サラゴサなどの主要都市に鉄道と高速バスで接続されています。
紀元138年に建てられたこの古代都市には、15世紀のゴシック様式の丸天井とレリーフ、そして21世紀の見事な建築の傑作があります。

交通手段

スペインの国土は日本の約3倍で国土のほとんどが地続きであるため、スペイン国内の交通手段は様々です。

主な交通手段となるのは、

・飛行機
・列車
・バス
・船

の4種類です。スペイン全体の交通情報はマドリード交通手段をご参照ください。以下、バレンシア市内の交通情報となります。

電車: バレンシアのメトロは6つの路線がありますが全て地下鉄であるわけではありません。路面電車や途中から地上を走る電車もメトロに分類されます。
2009年よりチャージ式のカードが導入されており、購入するための操作が難しく慣れるのに時間が掛かります。また、チャージ機の近くには係員や有人の券売窓口があるため操作が不明な方は人を介して買った方が無難です

バス: バスは1回乗る度に運転手に運賃を支払うか、あらかじめ購入したプリペイドカードで支払います。検札がある場合がありますので紛失しないように注意が必要です。
また、20ユーロ札のおつりが無い場合がありますので小銭を常に持っておくことをおすすめします。

タクシー: スペインの主な都市ではタクシーの色が決められていますが、バレンシアでは白です。最低乗車運賃は4ユーロで、平日であれば1キロ1.03ユーロ掛かります。
またタクシーを待たせることができますが、1時間あたり19.15ユーロ必要です。祝祭日はそれぞれ料金が上がるためチェックが必要です。

自転車: バレンシアにはレンタル自転車「valenbisi」があり、サービス開始から30分以内は無料、30分〜60分の間は0.52ユーロが30分毎に課金、60分を過ぎると60分毎に2.08ユーロが課金されます。
バレンシアの市街地は歩きでも30分あれば目的地に着ける規模なので、メトロやバスよりも自転車が重宝される場合があります。長期滞在者向け12ヶ月パス(29.21ユーロ)も発行されているのでチェックしてみてください。

医療制度

マドリード→医療制度をご覧ください。

生活費

スペインでは食品は全体的に安めですが、売っている場所や物によっては値段が高くなる事もあります。

スペインにはコンビニが日本のようにないので、外食となるとレストランでの食事が一般的です。

外食費は1人おおよそ3,000円〜4,000円が相場なので日本と比べると少し高く感じます。

また、スペインは外食の税金が10%なので、全他的に少し高めになります。

学校

バレンシアにある語学学校Hispania, escuela de español 

また、スペインへの留学の費用の目安は、

  • 語学学校(1ヶ月):10万円〜15万円
  • 公立大学(1年間):15万〜30万円
  • 私立大学(1年間):70万〜200万円

詳細はこちらマドリード学校から

レジャーと旅行

マルバロサとレヴァント(la malvarrosa y levante)のビーチは、食べ物や海辺で歌ったり踊ったりする場所になっています。街の南部は自然の風景で有名です。サリービーチ(la playa delsaler)とエルパルケナチュラルデラルブフェラ(el parquenatural de l’albufera)は、自由な太陽を楽しむことができる独特の風景があります。クリェラ、ガンディア、ヨリーバのビーチは、数え切れないほどのスポーツ施設やレジャー施設で有名です。トゥリア川のツアーや、ブニョール(Bunyol)、レケナ(Requena)、ハティバ(Xàtiva)のユニークな町など、バレンシア県には多くの興味深い観光ルートやアトラクションもあります。

バレンシア大聖堂(カテドラル)

ファイル:Catedral de Valencia, Valencia, España, 2014-06-30, DD 149.JPG -  Wikipedia
3世紀にモスクの古い場所に建てられ、長い間なんどもなんども再建と改修によってさまざまな建築スタイルが混ざりました。教会への3つの入り口は、ネオロマネスク(正面玄関)、バロック(南宮殿の門)、西ゴート族(北使徒の門)です。聖杯の礼拝堂には、最後の晩餐でイエスが使用したと言われている食器があります。

Torre del Miguelete(Torre del Miguelete)

El Miguelete y sus secretos, historias y curiosidades - Valencia Secreta
大聖堂の正面に位置し、14〜15世紀に建てられ、聖ミカエルにちなんで名付けられました。塔の頂上に登って、バレンシアの旧市街を見てください。

Museo Fallero(Museo Fallero)

Descubre el Museo Fallero de Valencia
毎年3月中旬に、バレンシアで開催される壮大な火祭りは世界中からの観光客を魅了します。火祭り博物館は、1930年以来過去数年間で一等賞を受賞した火祭り人形を集めています。毎年異なるテーマは、当時の社会的なホットスポットの興味深い記録です。美術館で関連動画を購入することもできます。

Silk Market(Lonja de la Seda)

Lonja de la Seda / The Silk Market (Valencia) - The best places in Spain
西ゴート族の建物は、15世紀から19世紀にかけて、絹やその他の商品の交換に使用されました。現在はコンサートホールです。ロビーのらせん状の柱は、エレガントで軽い形で、非常に特徴的です。 1996年に世界文化遺産に選ばれました。

National Museum of Ceramic Art(Museo Nacionalde Ceramica)

National Museum of Ceramics
13世紀以来のバレンシアの陶器の傑作を展示しています。バレンシアの陶器製造業は非常に発展しており、ほとんどすべての村が独自の工芸品とスタイルを開発しています。

Valencia Museum of Fine Arts( Museo de Bellas Artes de Valencia)

Valencia, Spain - Fine Arts Museum
スペインの画家の作品、特にバレンシアの地元の画家の作品を集めて展示します。

バレンシアの旧市街には多くの歴史的建造物があり、その後の改修もあり、散歩するのは楽しいことです。旧市街には有名なメインチャーチ、セントラルマーケット、シルクトレーディングマーケット、バージンスクエアなどのアトラクションが集中しており、多くのショップやユニークな小さなショップもここに集中しており、多くのバックパッカーを魅了し、ウォーキングツアーに適しています。